水平な視準線から作業に必要な高さの基準をだす。水平基準をしるすことを「レベルをだす」などという。