工事の原価計算に用いる単位当りの標準労務量や標準資材量のことで、労務歩掛りと材料歩掛りがある。