目次

 

ステラP(C)の組立手順

①まず支柱を建て込みます。

②パネルを支柱にフックボルトで仮止めします。 フックボルトの向きは、下端部のみ上向きです。

*フックボルトはH-60,H-80は2ヶ所、H-90,H100,H-120は3ヶ所、H-150,H-180は4ヶ所、H-200は5ヶ所です。

mesh_p_c_01

 

③次にパネルを接続させます。頭部金具は、パネル端部の2本の横線、縦線を固定させます。中・下段金具は、パネル端部の縦線と横線を固定させます。

mesh_p_c_02

 

④金具を本締めした後、フックボルトの本締めを行って取り付け完了です。

 

ステラP(C)のコーナー対応①

<コーナーに柱を建て込んだ場合>

・パネルの頭部と下端部を切り欠き、折り曲げる。

・折り曲げ部をフックボルトで柱に固定させる。

mesh_p_c_03

 

ステラP(C)のコーナー対応②

<コーナー柱と金具でパネルを接続する場合>

・コーナー金具を柱に固定し、パネルと金具をフックボルトで締結

 

mesh_p_c_04

 

ステラCのコーナー対応

<コーナー金具でパネルを接続する場合>

パネル端部をカットして、コーナー金具と取り付けます。

出隅、入隅設置が可能です。

 

mesh_p_c_05

 

ステラPの勾配への対応①

<勾配変化点> 

mesh_p_c_06

 

ステラPの勾配への対応②

<傾斜地への対応>

標準のパネル、金具、柱を使って、施工できる勾配は、表―1の通りです。

表-1.柵高と勾配の関係

品番 勾配 角度
H-100 12% 6.8°
H-120 12% 6.8°
H-150 10% 5.7°
H-180 8% 4.6°
H-200 6% 3.4°

 

勾配が大きくなると、パネルを取り付けできる支柱間隔は、せまくなります。表―2をご参考ください。

表-2.勾配と柱間隔の関係

勾配 角度 柱間隔
12% 6.8° 1985
10% 5.7° 1990
8% 4.6° 1994
6% 3.4° 1996
5% 2.3° 1998

 

mesh_p_c_07

*これを超える勾配の場合は、別途ご相談ください。

 

 

 

check

※ボルト・ナットの締め付けを点検してください。
※施工上のよごれ、モルタルの付着があればきれいに拭き取ってください。
※施工上の傷、塗膜のはがれは、タッチアップ塗料(市販品又は、当社で別途用意してあるもの)できれいに仕上げてください。